子どもにとっても夢のマイホームだった

私は中学校2年生になるまで自分の部屋がなく、家というものにかなり憧れを持っていました。築35年の一階建てではなくて、洋風の、友達の家に遊びに行ったときのようなあの家が欲しかったのです。
そこで、両親が一戸建てを一から作るぞと言ったときはかなり嬉しかったです。そういう計画は前々からしていたらしく、土地は祖母が買ってくれていたのでそこに注文住宅を建てることになりました。私が大きくなってから家を作ってもらったことでよかったなと思ったのは、自分の部屋のことはすべて自分で決められたことです。ドアとフローリングの色、壁とカーテンのデザイン、ベッドなどの家具などなど、思いのままでした。これができるのはメリットでしたね。
家族それぞれが部屋にこだわりすぎたため、すべて違うドアの色になるという個性的な家になりました。お披露目をした時訪れた方は、「一軒ですべての色を見られるなんて思わなかった」と言って面白そうに帰っていきました。