施主が主導で建築業者(注文住宅)を選べない場合もあるのです

新築の注文住宅の場合、建築業者はどこに頼むのがよいだろうか。施主が決めるのが一般的だと思いますが、そうでない場合もあります。
自分が施主でしたが、義父の土地を借りて、同居を前提に新築することになりました。養子ではありません。義父が引退していましたが、水道工事関係の仕事をしていまして、仕事仲間の大工さんに頼むことになりました。ホームセンターへの見学に行き、大手建設業者に図面を書いてもらいましたが、大工さんに頼むことは決定事項でした。
結局、大工さんですので、従来の木造工法で、希望は出しましたが、昔ながらの住宅になりました。格天井や玄関などは職人気質で良い仕事をしてけれまして、良い建物ができたと思います。
ただ、大前提から妻と自分の考えるものとは違ってしまいましたので、もう10年以上になりますが、時々不具合がありと余計に不満がでてしまいます。特に妻は。
最初にもっとよく話し合っておけばよかったということが反省材料です。立場はいろいろとありますが、一生に一度の大きな買い物ですので、完全に納得してからスタートすべきだったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − one =